くりっく株365取り扱い証券会社全12社
くりっく株365新聞 » くりっく株365~テクニカルレポート » くりっく株365のウィークリーレポート(2018年10月22日~26日)

くりっく株365のウィークリーレポート(2018年10月22日~26日)

まずはウィークリーレポートからチェックしておくのがおすすめです。ここでは、日本、アメリカ、ドイツ、イギリスのウィークリーレポートをご紹介しましょう。ここをチェックすると、各国の経済や社会情勢などについてある程度判断できるようになります。週によって大きく動きが違うので、今回のウィークリーレポートはどのようになっているのか情報をまとめました。

2018年10月22日~26日のウィークリーレポート

日本

日経225証拠金取引についてご紹介します。週明けから3日間連続で落ちる結果になってしまいました。
回復したのは25日のことです。しかし、週末にあたる26日も後半も大幅に反落。これは、米国株安の影響によるものです。

その結果、4週連落です。9月末からの下落率について見てみると、12.04%となっています。10月26日の清算価格は21,292円となりました。

アメリカ

NYダウ証拠金取引について解説します。週明けから見ると、3日連続で続落という結果です。これは、キャタピラーや3Mの決算の失望が23日に発表されたことも影響しています。
その後は、25日には反発がありました。しかし、週末である26日になると再び下落がみられ、週間での結果は3.13%安になっています。10月26日の清算価格は24,702円となりました。

ドイツ

DAX証拠金取引についてご紹介します。週明けから軟調に推移したのですが、その背景には中国経済の減速が懸念されたことなども影響しています。
それだけでなく、イタリアの財政問題やサウジアラビアを巡る地政学のリスクも関わっているといえるでしょう。
大きな動きがあったのは25日です。
米国株の大幅反発を受けて2.29%高となりました。10月26日の清算価格は11,206円です。

イギリス

FTSE100証拠金取引についてご紹介します。週明けは上昇がみられました。これは、多くの銘柄が買われたことが関係してきています。
しかし、23~24日になると続落がみられるようになり、24日には1.82%安との結果です。
これは、原油安の影響を受けたものだといえるでしょう。10月26日の清算価格は7,490円です。

くりっく株365取り扱い証券会社全12社

くりっく株365取り扱い証券会社全12社

PAGE TOP