くりっく株365取り扱い証券会社全12社
くりっく株365新聞 » くりっく株365~テクニカルレポート

くりっく株365~テクニカルレポート

くりっく株365について詳しく知るために、ウィークリーレポートについてご紹介していきましょう。
レポートでチェックできるのは、アメリカNYダウ 証拠金取引、日本 日経225 証拠金取引、ドイツ DAX証拠金取引、イギリス FTSE100 証拠金取引に関することです。

週によって動き方が異なるので、どのような影響を受けてその結果になっているのかを押さえておくと、現状についても把握しやすいでしょう。
大切なのは、きちんと毎週現状をチェックするということです。

こういった情報収集を怠らないようにしたいですね。各国の経済に関することだけでなく、社会情勢がどのようになっているのかについて把握しておくと、次週の動きを予想するのにも役立ってくれます。
また、当然のことではありますが、日本・ドイツ・英国・米国の情勢による影響はその国だけのものではありませんよね。

周りの国がどのような情勢になっているのかもチェックしてみると、より深く各国の情報を把握できるでしょう。

2018年12月17日~21日

日経225証拠金取引は米国株安と円高進行で週間7.17%安、ドイツDAX証拠金取引も米国株安の影響によって週間2.83%安の大幅下落を記録しました。

米国株安の要因は景気減速懸念が高まりを見せたこと、利上げ継続見通しが挙げられます。

続いてイギリスFTSE100証拠金取引は世界的な景気減速懸念や原油の大幅安を受けて週間4.86%安、アメリカNYダウ証拠金取引も景気減速懸念などの影響で週間7.01%安と大幅に下落しました。

世界的な景気減速懸念の要因はいくつか存在し、前週に起きた中国経済指標の悪化をはじめ、原油相場の大幅続落、米国株安などが挙げられます。

このように全体的に大幅な下落が見られました。

>2018年12月17日~21日のウィークリーレポートはこちら

2018年12月10日~14日

日経225証拠金取引はリスクを回避する傾向が多くなったことで週末に大きく下落し、週間で0.15%安と続落。DAX証拠金取引は景況感の悪化を受けて反落したものの、週間では0.92%高と反発して終了しました。

FTSE100証拠金取引はメイ首相の続投決定などによって週間では0.19%高と5週ぶりの小幅反発。NYダウ証拠金取引は週末の経済指標悪化を受けてアジア株や欧州株が下落、これによって週間では1.10%安と2週続落となりました。

このように日経225証拠金取引とNYダウ証拠金取引は続落、DAX証拠金取引とFTSE100証拠金取引は反発になりましたが、今回の背景には政治的影響が色濃く出ている印象を受けました。

>2018年12月10日~14日のウィークリーレポートはこちら

2018年11月12日~16日

こちらでは、「くりっく株365」で取引される株価指数の動向や、主要国の経済や社会情勢などをまとめた最新の情報を毎週更新しています。

忙しくて株価指数をチェックする時間がない人、経済動向をかいつまんで把握しておきたい人は、こちらの情報を参考にすることで必要な情報を得られますので、ぜひご覧ください。

また、まだ実際に投資運用をしているわけではないけれど、これから「くりっく株365」など投資の勉強をしたいと思っているという方もご覧ください。

経済動向を把握することが難しいという方も、こちらのウィークリーレポートならわかりやすく書かれていますので、理解しやすいと思います。

週によって大きな動きが起こりますので、毎週必ずチェックするのがおすすめです。

>2018年11月12日~16日のウィークリーレポートはこちら

2018年11月5日~9日

こちらでは、「くりっく株365」で取引される株価指数の動向や、主要国の経済や社会情勢などをまとめた情報を一週間単位で更新しています。

こちらでは、最新の情報から一週さかのぼった情報を掲載している点が特徴です。 通常経済動向は最新版をこまめにチェックすることが中心となりますが、先週だけ見落としてしまった人、できるだけ多くの情報を得たいという人は、ぜひ一週前の情報もチェックしてみましょう。

先週から今週にかけて株価市場がどのように動いたか、社会情勢にどんな変化があったかを理解することで、今後の取引のヒントを得られます。

主要国の情報を網羅していますので、短い時間で多くの情報を得ることができる点もポイントです。

>2018年11月5日~9日のウィークリーレポートはこちら

2018年10月29日~11月2日

先週に比べると、大きな動きがみられました。日本・アメリカ・イギリスの場合は下落からのスタートとなりましたが、ドイツは0.63%高からのスタートです。トランプ大統領の発言による影響も大きく出た状況となっています。

>2018年10月29日~11月2日のウィークリーレポートはこちら

2018年10月22日~26日

日本の場合は週明けから3日連続で落ちた週です。米国株安の影響を受けたこともあり4週連落となりました。アメリカの場合も週明けから3日間で大幅下落です。ドイツの場合は週明けから軟調に推移、リリースは週明け上昇からのスタートとなりました。

>2018年10月22日~26日のウィークリーレポートはこちら

くりっく株365取り扱い証券会社全12社

くりっく株365取り扱い証券会社全12社

PAGE TOP