くりっく株365取り扱い証券会社全12社
くりっく株365新聞 » 他金融商品の違いを解説 くりっく株365の利点とは » ETF(上場投信)とくりっく株365の違い

ETF(上場投信)とくりっく株365の違い

くりっく株365は取引時間が長い

くりっく株365は取引時間が8:30から翌日の朝6:00とほぼ24時間であるのに対し、ETFは午前中が9:00から11:30まで、午後は12:30から15:00までと取引時間がかなり短いです。

取引時間が短いと、海外の市場で大きな値動きがあったときに対応できないケースが発生してしまうため、大きく損をしてしまう可能性があります。

この点くりっく株365は取引時間が長いので、値動きがあったときに随時対応できます。

配当金の支払い頻度が異なる

くりっく株365は分配の支払金を権利付け最終日の翌取引日に受け取ることができますが、ETFは支払利息や信託報酬といった費用を控除したあとの配当金を、年1、2回分配金として受け取ります。

こまめに現金を受け取りたい場合には、くりっく株365のほうが適しています。

ちなみにくりっく株365では金利相当額を支払う必要がありますが、現在のゼロ金利政策の間は金利を見越した配当金設定となっている点も特徴です。

金額の設定が異なる

くりっく株365の取引価格は日経平均株価に近い価格で取引されているのに対し、ETFそれぞれのETFの市場価格で取引します。

くりっく株365は専用口座が必要

ETFは通常の株式口座を作ってあれば、株と同じような方法で取引を行うことができますが、くりっく株365は株式口座とは別に講座を開設する必要があります。

レバレッジの変動倍率が大きい

くりっく株365はレバレッジが市場の価格変動に合わせて変動するので、場合によってうは数倍から数10倍の変動があります。

それに対してETFは信用取引が可能で、通常3倍程度までです。

より効率的な投資を行いたい場合は、くりっく株365のほうが大きな利益を得ることができます。ただしその分損失も大きくなるということです。

売りからの取引が可能

ETFでは信用口座を開設し、信用取引を行わないと売りからの取引ができませんが、くりっく株365は売りからの取引ができます。

これにより、高く売ってからもう一度安く買い戻すという取引が可能になるので、株価が上がっていても下がっていても、どちらにも応じた取引を行い、利益を得ることが可能です。

信託報酬の有無について

くりっく株365は投資信託を長期的に持っている間に支払う「信託報酬」がありません。

対してETFには信託報酬が発生します。このため、配当収益を目的に長期保有をしていても信託報酬を支払う必要がないというメリットがあります。

くりっく株365取り扱い証券会社全12社

PAGE TOP