くりっく株365取り扱い証券会社全12社
くりっく株365新聞 » 他金融商品の違いを解説 くりっく株365の利点とは

他金融商品の違いを解説 くりっく株365の利点とは

このカテゴリーでは、くりっく株365と、FXをはじめとする各金融商品との違いについて、詳しく掘り下げてご紹介していきたいと思います。

くりっく株365と、他の金融商品との違いを解説

あらためて申し上げるまでもありませんが、ちまたにはくりっく株365以外にも、様々な金融商品というものが存在しています。もちろんそれぞれに特色というものがあり、それらを理解することで、クリック株365の利点というものが、あらためて見えてくるのではないかと思われます。

ここでは、株式投資、ETF、日経225mini、店頭CFDとの比較をご紹介していきましょう。

株式投資と、くりっく株365の違い

まず、株式投資は何千とある銘柄から投資するものを選ぶ必要がありますが、くりっく株365は4つの株価指数から選ぶ方式。また、株式投資にはまとまった資金が必要なのに対し、くりっく株365はレバレッジが効かせられるので少額でも行えます

さらに、株式投資は午前9時から午後3時に取引が限られるのに対し、日経225とNYダウはほぼ24時間取引が行えます。

ETF(上場投信)と、くりっく株365の違い

日経225にはくりっく株の「日経225証拠金取引」と上場投資信託の「日経225連動型ETF」があります。前者はほぼ24時間取引が行えますが、後者は午前9時から午後3時まで。レバレッジも前者は数十倍まで可能ですが、後者は3倍程度まで。配当相当額も、前者は発生の度に受け取れますが、後者は年に1~2回程度になります。

日経225miniと、くりっく株365の違い

こちらも日経225を対象とする株価指数先物取引ですが、所管は大阪取引所になります。くりっく株365の日経225証拠金取引では、取引期限がなく無期限でポジションを保有できるのに対し、225miniは約3ヶ月に制限。

また、225miniは取引時間がやや短く、ロスカットルールが設定されていない点も大きな違いです。

店頭CFD取引と、くりっく株365の違い

くりっく株365では取引時間がほぼ24時間なのに対し、店頭CFDは取扱会社が個々に決めています。くりっく株365では日本投資者保護基金の対象であるのに対し、店頭CFDはそうした保護の対象外。

さらに、くりっく株365では複数のマーケットメイカーの中から条件を選べるのに対し、店頭CFDは取扱会社が提示する条件しか選択の余地がありません。

知っておきたい、くりっく365、およびFXについて

もうひとつ、くりっく株365のライバル(?)である、くりっく365、およびFXについても、ぜひ知識を深めておいてください。

FXで陥りやすい初心者の失敗

FXに失敗してしまう最大の原因は、率直に言ってしまいますと、正しい知識をもっておらず、正しいやり方を行なっていないから、ということに尽きます。まさに諺の「生兵法は大怪我のもと」が示している通りです。

まずは初心者がついやってしまいがちな失敗のパターンを知り、併せて、実際に投資家の方が体験した失敗談を見て、回避に役立ててください。

>FXで陥りやすい初心者の失敗をチェックする

くりっく株365とくりっく365の違い

名前こそ似ていますが、これらはまったくの別物です。くりっく株365は株価指数を取引対象とするもの。くりっく365はFX取引の中で、金融取により上場されたものを取引対象とするものです。

一方で、両者の共通点としてはレバレッジを効かせ少額の資金でも始められる、取扱いを認められた業者を選べ、証拠金は保全されるなどがあります。

>くりっく株365とくりっく365の違いはこちら

株式投資とくりっく株365の違い

こちらでは、「株式投資とくりっく株365の違い」について解説しています。

くりっく株365は、株式投資のように株式に投資するのではなく、株式指数に投資します。そのため、株を購入する際の銘柄選びに時間を割く必要がありません。

また、株式投資とくりっく株365の違いとして、取引時間の長さが挙げられます。株式投資は取引時間が決まっていますが、くりっく株365ではほぼ24時間取引を行うことができます。

ほかにも株式投資に対するくりっく株365の違いがありますので、くりっく株365での取引を検討されている方は参考にしてください。

>株式投資とくりっく株365の違いはこちら

ETF(乗馬東進)とくりっく株365の違い

こちらでは、「ETF(乗馬東進)とくりっく株365の違い」について解説しています。

ETFとくりっく株365の違いは、まず取引時間が長いという点です。ETFは、取引時間が決まっており、午前午後の数時間となっていますが、くりっく株365では日本の株式市場が開く前から、ニューヨーク市場が閉まるまで、ほぼ24時間取引を行うことができます。

また、くりっく株365はETFに比べて、効率よく利益を出すことができるという違いもあります。

以下ページでは、ETFに対するくりっく株365の違いを詳しく解説しています。くりっく株365での取引を検討されている方は参考にしてください。

>ETF(乗馬東進)とくりっく株365の違いはこちら

くりっく株365取り扱い証券会社全12社

PAGE TOP