くりっく株365取り扱い証券会社全12社
くりっく株365新聞 » 口座開設数増の秘密~くりっく株365とは » くりっく株365の証拠金とロスカット

くりっく株365の証拠金とロスカット

本ページでは、くりっく株365の取引を行う上で、重要な要素である証拠金とロスカットとは何かについて、詳しく掘り下げて解説していきたいと思います。

くりっく株365、証拠金とロスカットとはどんなもの?

「くりっく株365のメリット」ならびに「くりっく株365のレバレッジとスプレッド」のページでも述べています通り、くりっく株365は、投資家が出す金額の数十倍の金額分の取引を行うことができるというのが大きな特色になります。

証拠金とは、簡単にいえばその元手となるお金のこと。ロスカットとは、そうした取引において、大きな損失を防ぐための安全装置のようなものと考えてください。より詳しく見て行きましょう。

証拠金とは

上記の通り、くりっく株365の取引を行う際に、投資家が最初に用意する運用資金のことを証拠金と呼びます。この証拠金は、予め、くりっく株365の取扱会社に担保として預けておくという仕組みになっています。

ちなみに、この証拠金には、1取引単位当たりに必要となる最低金額が取引所によって定められており「証拠金基準額」と呼ばれます。この金額は、週一回の頻度で、市場の値動きに合わせ計算され、それを基に各取扱会社が取引に必要な証拠金額を決定するという仕組みになっています。

ロスカットとは

簡単にいえば、予想と反対の方向へ相場が動いたときに、損失が大きくなるのを防止するために、事前に取扱会社と条件を定めておき、その条件を超過した場合、自動的に反対売買を行い、ポジションを手じまうというシステムになります。

また、ロスカットの前段階として「このままだとロスカットなる可能性あり」という注意を、メールや取引画面で知らせてくれる「ロスカットアラート」というシステムもあります。

例えば、証拠金が70%を切った場合にロスカットアラートを送るように設定し、証拠金が50%を切ったらロスカットを行うといった設定をしておくことができます。

くりっく株365は日本投資者保護基金の対象!

もうひとつ、投資者を保護するしくみとして、くりっく株365の取扱い業者は、全社、日本投資者保護基金への加入が義務付けられています。

仮に、業者が法令に違反して証拠金の管理を怠っていたというようなことがあったとしても、補償が受けられるようになっています。また、業者が投資者からの証拠金を預かったままの状態で倒産したような場合でも、投資者保護基金により法令の上限額までが補償されます

ただし、FX(取引所為替証拠金取引)の、くりっく365の場合は投資者保護基金の補償対象になりません。この点は注意が必要です。

くりっく株365取り扱い証券会社全12社

PAGE TOP