くりっく株365取り扱い証券会社全12社
くりっく株365新聞 » 口座開設数増の秘密~くりっく株365とは

口座開設人口増の秘密~くりっく株365とは

このカテゴリーでは、近年の金融や投資の世界で注目を高めている、くりっく株365とは何かについて、様々な角度から解説していきたいと思います。

くりっく株365とは何か、まずはその概要から…

そもそも、くりっく株365とは…いろいろな説明ができますが、端的に言えば、東京金融取引所に上場する株価指数証拠金取引のこと。日本で初めての公的な取引所による株価指数証拠金取引であり、国内外の株価指数を少額から取引することができます。

ちなみに、現在、くりっく株365で取引できる株価指数は、以下の4つになります。

日経225(日本)

日本を代表する株価指数であり、その名称の通り、日本経済新聞社によって、225銘柄の株式を基に算出されています。ニュース番組などでも紹介されることが多く、ある意味日本人にはお馴染みです。

NYダウ(アメリカ)

世界規模で大きな影響をもたらす株価指数と言っても過言ではありません。アメリカを代表する優良企業の30銘柄によって構成されているのが大きな特色です。

DAX(ドイツ)

ヨーロッパを代表する経済大国、ドイツの株価指数になります。30銘柄で構成されており、化学、工業関連の企業が多いのが特色。そのため、輸出への依存度が高い傾向があります。

FTSE100(イギリス)

ロンドン証券取引所に上場する銘柄で、なおかつ時価総額の上位100社で構成される株価指数になります。金融関連や資源関連の企業の銘柄が多い特色があります。

では、続いて、くりっく株365の概要を、様々な側面からご紹介していきましょう。

くりっく株365のメリット

ほぼ24時間取引が可能、決済期限がない、海外株価指数も円で取引できるなど、くりっく株365には、ならではのメリットというものが多数存在しています。

>くりっく株365ならではのメリットはこちら

くりっく株365のリスク

くりっく株365にもリスクというものは存在しており、必ず儲かるという保証はありません。どんなリスクがあるのかを、しっかりと理解しておくことが大事です。

>くりっく株365のリスクを知っておこう

くりっく株365の配当について

くりっく株365は、現物株の場合と同じく、配当を受け取ることができるというメリットがあります。ただし、それは『買い』ポジションを持っている場合で、逆に、『売り』ポジションを持っている場合は配当相当額を支払う必要があります。

>くりっく株365の配当の詳しい説明はこちら

くりっく株365の税制

くりっく株365で得た利益には、投資者の所得額に関わらず、20.315%という税率が課せられることになっています。また損益通算や損失繰越控除といった仕組みについても知っておいてください。

>くりっく株365の税制や仕組みを知りたい方はこちら

くりっく株365のレバレッジとスプレッド

レバレッジとは直訳すると「梃子」という意味で、金融の世界では、投資家が預け入れした「証拠金」の何倍までの取引を可能にするかを示す数字のこと。スプレッドとは「売値と買値の価格差」のことを示しています。

>くりっく株365のレバレッジとスプレッドについて知りたい方はこちら

くりっく株365の証拠金とロスカット

証拠金とは、簡単にいえばくりっく株365での取引を行うための元手となるお金のこと。ロスカットとは、くりっく株365での取引を行う際、大きな損失を防ぐための安全装置のようなものです。

>くりっく株365の証拠金とロスカットについて知りたい方はこちら

株価指数とは

株式の取引所全体、あるいは特定の複数銘柄の株を一定の計算方法によって指数化して表したものであり、くりっく株365の投資対象も、この株価指数(上記の4つ)になります。

>株価指数の詳しい説明はこちら

CFD取引きについて

くりっく株365は、株や債券、為替、株価指数などを、現物のやり取りは行わず、差金決済という方法で取引きするCFD(日本語では「差金決済」)という金融商品のひとつになります。

>くりっく株365(CFD取引)の詳しい説明はこちら

銘柄によって違う取引時間について

くりっく株365の中でも対象の取引によって、取引時間が決められています。本業との両立を考えながら資産運用を行っていると、取引時間に制限があるのはやりづらいもの。事前に自分の時間にあった銘柄をチェックしておきましょう。

>銘柄によって違う取引時間の詳しい説明はこちら

くりっく株365取り扱い証券会社全12社

PAGE TOP