くりっく株365取り扱い証券会社全12社

SBI証券

SBI証券公式HP
引用元:SBI証券の公式サイト
(https://www.sbisec.co.jp/ETGate)

SBI証券 のくりっく株365、その特色はどうか?

本ページでは、東京都港区のSBI証券について、くりっく株365業者としての特色や、評判、会社の基本情報などを取りまとめてご紹介していきたいと思います。まずは同社の概要から見ていきましょう。

SBI証券の口コミ・評判

  • コスト面で選びました。一度の株取引にかかる手数料が1日10万円以内であれば、何度取引しても103円ですみます。手数料も積み重なるとバカにならない出費となるので、多くの銘柄を何度も取引する人にとってはおススメの業者です。
  • 初のネット証券開設です。手数料が安いため、口座開設しました。申込から開設までとてもスムーズで良かったです。ひとつ不満を挙げるとすれば、パソコン上の画面が若干見づらいことでしょうか。
  • 取引ツールが充実しており、素晴らしいと思います。株や為替への資金移動の手間も軽減され、使い勝手がとても良いです。ニュースや市況レポートも役立つものばかりで、日々の取引に利用しています。

SBI証券はどんな会社?

同社のルーツは、1944年創業の大沢証券株式会社まで遡ります。その後、1998年には、かのソフトバンクグループ傘下の証券会社として組織が再編。その後、2008年には再び組織の改変が行なわれ、ソフトバンクグループより独立したSBIホールディングス傘下の証券会社となっています。

かねてよりオンライン取引に強みを持つ証券会社として知られており口座開設数No.1を誇るなど、ことこの分野では、並み居る大手証券会社をも上回る実績を有している位です。そんなSBI証券が、満を持して、くりっく株365の取扱を開始。そんな同社の特徴を具体的に見ていきましょう。

業界でも安値の取引手数料、153円を実施!

前述の通り、SBI証券は後発としてくりっく株365の分野に参戦しました。それゆえに、ライバル業者に対するアドバンテージを得るために、取引手数料を界でも安値レベルの153円に設定しています。

オンライン証券の申し子と言っても過言ではないSBI証券にして、こうした企業努力を怒ならない姿勢というのは、大いに評価してよいのではないでしょうか。

PCインストールタイプとスマートフォンアプリ、双方に専用ツールあり

PC向けには、くりっく株365に特化し、20種類を超えるテクニカル分析を標準装備した高機能トレーディングツール「SBI CFD トレーダー」を用意。スマートフォン向けにも、くりっく株365取引の専用アプリである「HYPER CFD アプリ」を提供。同社での取引をスムーズに行なえ、かつ高機能、高性能を誇ると訴求されています。

取引ツールの特徴

SBI CFD トレーダー

SBI CFD トレーダーの特徴は次の3つです。トレーディングツールとしては基本的な構成となっていますが、それぞれの性能を高め、取引の快適さを向上させているイメージです。

  • 22種類のテクニカル指標が追加可能な注文機能搭載のチャート
  • プライスパネルとマーケット状況を随時確認可能
  • 取引に合わせて設定をカスタマイズ&注文パターンをあらかじめ設定可能

注文の画面表示は、希望に合わせてプルダウンやボタンで選んでいくだけなので、すぐに使い方がわかるでしょう。注文パターンをあらかじめ設定しておけば、数量や価格などを入力する必要もないため、使い勝手は良いと言えます。

HYPER CFD アプリ

HYPER CFD アプリの特徴は、次の4つとなっています。

  • 最短ワンタップで注文が完了する最新機能
  • マーケット情報や銘柄情報をリアルタイムで確認
  • 4分割の複数チャート&チャートを確認しながら発注可能
  • 指定レートでのお知らせ機能

チャートを確認しながら発注できるのは嬉しい機能ですが、横画面にしなければ、発注しながらのチャート確認はできません。また、最短ワンタップの注文も、手間がかからない分間違えてタップしてしまう可能性も。使い慣れれば大変便利ですが、慣れるまでは使いにくさを感じるかもしれません。

サービス内容

SBIくりっく株365では、様々なサービスがあるので、大変便利です。例えば、指定レートメール機能では、自動的にメールで情報をお知らせしてくれる機能で、情報が入ったらタイミングを逃さず、手に入れられるので、ニュースをチェックし忘れたなどという場合にも、見落としがないので安心です。このメール機能は、自分が指定した銘柄だけを設定できるので、無駄な情報がなく、便利です。自分が特定した銘柄が指定レートに達したら、メールで通知されるので、ミステイクなどが起きづらいですね。
メール以外にもニュースを映像で配信するサービスもあり、プレミアムニュースと言って、通常は機関投資家だけが使っているプロ向けのニュースが手に入ります。一般の人が目にしない市場情報が手に入るので、利用価値がかなり高いです。

SBI証券のキャンペーン情報

ご紹介プログラム ご家族・お友達にSBI証券を紹介して手数料最大10,000円キャッシュバックを獲得しよう!

SBI証券では、様々なキャンペーンでキャッシュバックなども設けていて、金額もそれなりの額となっているので、試してみると、思わぬラッキーでお金が手に入ってしまうかもしれません。
紹介プログラムも行っていて、例えば自分の親族や友人でも誰でも紹介して、口座を開設することになると、紹介者に金額がキャッシュバックします。最大で、1万円がもれなくもらえるので、ダメ元でも言ってみるのはいいのではないでしょうか。条件もあるので、もちろん確認してから行いましょう。

新規口座開設で最大現金150,000円プレゼントキャンペーン!

金額もキャンペーンによりますが、かなり高額なものもあるので、参加しない手はないですよね。新規口座を開設することで、なんと15万円も最大でキャッシュバックされます。国内株式、投資信託の取引で最大7万円。FX口座開設、指定数量の取引で、最大8万円がキャッシュバックされます。
条件もありますので、確認が必要ですが、方法としてはネットでの開設と郵送での開設があるので便利な方を選択してみましょう。金額によっても支給金額が変わり、国内株式取引金額が1約定10万円超を、3回をしていれば、現金がいくらか抽選で当たります。また。投資信託買付金額によって金額が大きく変わるので、サイトなどを確認してください。

会場実施、配信、双方のセミナーにも注力

同社では、初心者向けの配信セミナー、中・上級者向けの会場セミナーの双方を実施。口座開設したばかりの初心者の方から、ある程度取引に慣れさらに上を目指す方まで、利用者のサポートにも力を入れています。

ネットトレードをメインとしていながらも、こうした配慮をキチンと行なっているのは、好感が持てるポイントと言ってよいでしょう。

SBI証券 基本情報

会社名 株式会社SBI証券
所在地 東京都港区六本木1-6-1
設立 1998年
資本金 483億2,313万円
取扱金融商品
  • くりっく株365
  • 国内株式
  • 外国株式
  • 投資信託
  • 債権
  • FX
  • 先物
  • eワラント
  • 金プラチナ

など

くりっく株365取り扱い証券会社全12社

PAGE TOP