くりっく株365取り扱い証券会社全12社

岡三オンライン証券

岡三証券公式HP
引用元:岡三オンライン証券の公式サイト
(https://www.okasan-online.co.jp/)

岡三オンライン証券、くりっく株365の特色とは?

本ページでは、東京都中央区の岡三オンライン証券について、業者としての特色や、評判、会社の基本情報などを取りまとめてご紹介していきたいと思います。まずは同社の概要から見ていきましょう。

岡三オンライン証券の口コミ・評判

  • 取引時刻の前に、話題に上りそうな銘柄の情報をメールで教えてくれるのでとてもありがたいです。単元未満株の取扱いがあるし、IPO時の前受金が不要なのも嬉しい限り。IPOなどの特殊なケースでは有効な証券会社だと思います。
  • 嬉しいのは、チャートの機能やニュースなどの情報がしっかり見られること。ただ、スマホの機能にかんしては少し複雑なので、操作説明があればもっと使い勝手が良くなると思います。
  • 手数料が安価で、画面操作もスムーズなうえ、ニュースやセミナー開催などもあり、とても満足しています。自分に合った資産運用のアドバイスも親身に乗ってくれたので、これからも使い続けようと思います。

岡三オンライン証券はどんな会社?

株取引に多少なりとも知識のある方であれば、同社の社名を見れば、ピンとくるのではないでしょうか。お察しの通り、こちらは岡三証券グループのオンライントレード部門の会社になります。

本家である岡三証券と言えば大手証券会社の一角であり、高い知名度を有しています。しかし、オンライン部門への進出は2006年と、比較的歴史は浅いとも言えます。では、そんな同社の特徴を具体的に見ていきましょう。

大手傘下でありながら、安価な手数料で人気

前述の通り同社は有名証券会社のグループ傘下でありながら、そうした企業にありがちな殿様商売をすることなく、取引手数料が153円(4指数共通)という業界でも最安値レベルを提供しています。

母体は1923年(大正12年)創業という老舗会社でありながら、実績や歴史にあぐらをかくことなく、真摯な顧客サービスを行なっていることが見受けられます。

業界でもいち早く、スマートフォンに対応

同社はくりっく株365を扱う業者の中でも、2010年の時点でスマートフォンでの取引に対応したことでも知られています。

当初はiPhoneのみでしたが、現在ではAndroidにも対応。リアルタイムのチャート描画にくわえ、27種類の豊富なテクニカル指標や、2画面/4画面の分析、さらにはリアルタイムニュース配信など、PC版に勝るとも劣らない機能で、外出先でのトレードに対応していると訴求されています。

専門家のセミナーを動画配信

同社では、ホームページ上で、くりっく株365およびその他の投資に関するセミナーを動画配信。初心者向けから、より高度な内容まで、随時公開されています。

また、通常の対面式のセミナーも定期的に開催しており、オンラインシステムの操作方法を習得するものから、経済の専門家による専門性の高いものまで、幅広く用意されているとのことです。

岡三オンライン証券 基本情報

会社名 岡三オンライン証券株式会社
所在地 東京都中央区銀座3-9-7
設立 2006年(岡三証券本社は1923年)
資本金 25億円
取扱金融商品
  • くりっく株365
  • くりっく365
  • 株式
  • 投資信託
  • 先物
  • オプション
  • 店頭FX
  • NISA
  • iDeCo(確定拠出年金)

など

くりっく株365取り扱い証券会社全12社

PAGE TOP