くりっく株365取り扱い証券会社全12社

あかつき証券

あかつき証券公式HP
引用元:あかつき証券の公式サイト
(http://www.akatsuki-sc.com/)

あかつき証券、その評判とくりっく株365について

本ページでは、東京都中央区のあかつき証券について、くりっく株365業者としての特色や、評判、会社の基本情報などを取りまとめてご紹介していきたいと思います。まずは同社の概要から見ていきましょう。

あかつき証券の口コミ・評判

  • 有料の情報は購入していないのでなんとも言えませんが、無料の情報や仕手株の見つけ方は参考になりました。
  • 助言のサービスがもの足りない気がします。国内に限らず、外国株式や外国為替証拠金取引、在籍アナリストや助言担当者が得意とする金融商品やコンセプトを、もっと幅広く提供してくれるとより良かったと思います。

あかつき証券はどんな会社?

実は、このあかつき証券という会社は、一説には、日本最古の証券会社であるとされています。同社の創業者は黒川幸七という人物で、1863年(文久3年)に大坂で両替商を開業したのが始まり。その後、1878年(明治11年)に黒川幸七商店として大阪株式取引所の仲買人となり、以後、130年以上に渡って証券サービスを提供しています。

そうした歴史は、ひとえに顧客に対する誠実な対応と堅実な事業を行なってきたからとのことで、顧客からの評判も高いとのこと。確かに、そうでなければ、長きに渡って証券ビジネスを行うことはできなかったことでしょう。では、そんな同社の特色を見ていきましょう。

2014年、業務提携により、くりっく株365のサービスを開始

このあかつき証券という会社は、実は、くりっく株365の取引参加資格を持つ業者ではありません。本サイトでも取り上げている、くりっく株365の取引参加資格を持つ豊商事との業務提携を結ぶことで、金融商品仲介業者としてくりっく株365のサービスを顧客に提供しています。

基本的な取引サービスは、豊商事の内容と同等

上記の通り、あかつき証券はあくまで顧客の窓口を務め、豊商事とのくりっく株365の取引の仲介を行うという立ち位置になります。このような方式としている理由は、長年に渡り、同社が証券サービスを提供してきた顧客に対し、システム開発や設備投資などを行うことなく、くりっく株365(ならびにくりっく365)のサービスを提供できるメリットがあるためとのこと。

一方、あかつき証券は豊商事の、証券ビジネスへの参入をサポートするという関係なのだそうです。

シミュレーター、ウィークリーレポートなどは、取引所のものを流用

以上のような出自もあり、あかつき証券では独自のツールなどは用意しておらず、東京金融取引所のシステムやシミュレーターなどを流用する方式となっています。ウィークリーレポートも、同取引所提供のものを利用しています。

あかつき証券 基本情報

会社名 あかつき証券株式会社
所在地 東京都中央区日本橋小舟町8-1 ヒューリック小舟町ビル 9F
設立 1918年
資本金 30億6,700万円
取扱金融商品
  • くりっく株365
  • くりっく365
  • 国内株式
  • 外国株式
  • 投信
  • 債権
くりっく株365取り扱い証券会社全12社

PAGE TOP